セカンドライフ、まずは家の窓を開けてみた

シェアする

リンデンホームの窓を開けてみた。
三ヶ所も開くことに感動した。

このバーチャルな世界では空気は存在せず、窓を開けても空気は入ってこない。
でも気分的には少し開放感があふれる。

家のすぐそばで海が波打っている。
空は青空で陽射しが温かい。

この街にいつも人は数人しかいない。
静かな街である。

ボートで外を出歩こうか?
いやいやそこには同じ風景が繰り返されるばかりだ。

バイクで陸地を走り回ろうか?
いやいやそこも同じ風景が繰り返されるばかりだ。

何もしなくたっていい。
むしろ何もしないことに価値がある。

それもひとつのセカンドライフの楽しみ方だ。