Daz Studioによるレンダリングの冒険「なるほど、そういうことか」

シェアする

結論から言えば写真と見分けがつかないレンダリングしたいならグラフィックボード交換が私の場合効率的ということ。

今回はいつもの倍の時間をかけてレンダリングしてみた。
そうするとやはりリアルさが増加した。

Irayのレンダリングに終わりはないので時間をかければかけるほどリアルになると考えられる。
あとテクスチャーの設定をいじるところもあるはずだ。
それをいじればもっとリアルになるだろう。

だがリアルさを求めると今の私の環境では時間がかかりすぎてしまう。
前にも書いたように現在のグラフィックボードがIrayには対応していないからだ。

方向性としては早々にレンダリングを切り上げてポストワークを楽しもうと思う。
リアルなレンダリングはPCを買い替えてからとなるだろう。