セカンドライフ、理想形態で生きる。

なんにでもなれるセカンドライフだから、どのような姿かたちにもなれるセカンドライフだからこそ、私は理想形態を生きる。

若くて美しく清らかに。
美しき肉体と永遠の若さ。
そして理想的なキャラクター。

セカンドライフはそれを実現する、まるで魔法の世界だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク