良い意味で予想を裏切られる7 Days to Die、向こうのレベルアップを予想してこちらも対策をとるのだが、想定外の事態に陥りこれまで何度死んだことか。

シェアする

この世界に生まれてから7日目ごとに起こるゾンビの大襲来。
こちらのアイテムや基地の補強に応じてレベルアップするのは分かっていた。

こちらもレベルアップしたし向こうもレベルアップして最強の自爆兵士に襲われてもなんとかなるだろうと基地を鍛鋼ブロックで補強したところ、いきなり最強の自爆兵士が二体も現れて鍛鋼ブロックの壁を壊されて基地に侵入を許し、こちら側はマシンガンの連射でなんとか生き延びることができたが、その後もレベルアップしたゾンビ集団に襲われ続け、興奮で心臓をバクバクさせながら、体力ゲージを気にしながら鎮痛剤を何度も打ってなんとか生き延びたのがこのあいだの77日目だった。

どうやら鍛鋼ブロックで基地を固めると例の最強の自爆兵士が現れるらしいのはわかっていた。
なので70日目までは鍛鋼ブロックで基地を固めるのを遅らせていた。
70日目に鍛鋼ブロックで基地を固めたがゾンビの大襲来は穏やかなものだった。
それで77日目も大したことないだろうと考えていた。
だけど想定外の事態に備えて最強兵士対策で貫通弾を大量に準備しマシンガンに装填していた。

その想定外に備えた事態をも越えたのが先の77日目の大襲来だったのだ。
おかげでこちらは焦って興奮して心臓がドキドキして生きた心地のしない夜を過ごしたのだった。

そうくるか!という予想外の行動に出る大襲来の夜のゾンビたちに乾杯だ。