ガクブル知ると世界が震えるKazu理論:自分の中に狂気を持たぬ者は自分が狂っていることに気づくことが出来ない

シェアする

狂気とは何か?
狂気とは狂っていること。
狂うとは何か?
間違っていること。

安心してほしい。
時計が狂っていれば正しい時刻に合わせればいいだけだ。
簡単なことだ。

私が言及している狂気とはそういう狂気のことだ。
なので狂気を間違いと言い換えてもそれほどの違いはないだろう。

間違いとは何か?
この現実世界における間違いとは、自然の摂理に逆らうこと。
自然の摂理に逆らうことが間違いであるのは、自然という言葉が持つ本質から自ずと導かれる結論であるのは自明だ。

自分がニワトリだと気づく鳥は自分の中にニワトリの部分を持っている鳥だ。
自分の中にまったくニワトリの部分を持っていないニワトリは永久に自分はニワトリだと気づくことが出来ない。自覚のないニワトリのまま死んでいく。

同じように自分の中に何か狂った部分を持っていないと他者の狂気にも気づくことは出来ない。自分の中にまったく狂気を持たない場合、もし自分が狂ったことをしていても気づくことが出来ない。

自分が知らないことに、自分で気づくことは出来ないのだ。

自分が狂ったことをしていてそれに気づかないでそのまま死んでいくのは、それはそれで幸せなことなのかも知れないが。