一枚の偶然目にしたリアルなJKの3DCGから始まった正月のエロゲー巡りの冒険

シェアする

何かの偶然にものすごくリアルなJKの3DCGを目にした。

Boa Blouson (ILLUSION Play Home MOD)

そしてそれが「プレイホーム」というエロゲーのスタジオ機能を使って作成したものだと知る。
(おそらくリアルにするためにMODで改造はしていると思う)
当然私は「プレイホーム」が欲しくなった。
Steamでは売っていないのでネットで探すとエロゲー専門店を見つけた。
そしてなんと!正月ということもあり最大95パーセントというバーゲンをやっていたのだ!
そしてさらに期間限定でそこからさらに18パーセント割引で何度でも使えるクーポンを発見し私のエロゲー探しの冒険は始まった。

バーゲンなのでこの際プレイホーム以外にも売れてるエロゲーも買おうかなとエロゲーを紹介しているサイトを参考に片っ端から体験版をプレイしてみたりしてどれを買おうか迷いに迷った。

そしてエロゲーにはいろんなジャンルがあることを知った。
エロゲーと言ってもひとつじゃない。
その性的趣向に合わせていろんなジャンルがあるのだった。
そしてそのジャンルごとに名作と呼ばれるものがあったりしてさらに迷いに迷って、とうとう昨夜は18パーセント割引クーポンが使える最終日となり夜12時直前までどれを買おうか迷ったが結局決断できずに12時が過ぎてしまい割引クーポンが使えなくなり、とりあえず今回は買うのをあきらめたのだった。

それにやはりどうしてもエロゲーはコスパが低い気がした。
同じ金額を出すのであれば本当のゲームを買った方が費用に見合うのではないかと迷いに迷った。
Steamのセールなら1000円以内で有名メーカーの過去の大作を買うことができる。
数千円も出せば神ゲーと呼ばれるゲームを買うことができる。
一方エロゲーのしかも3DCGを使ったゲームになると安くて5,6千円で、売れてるものになると追加コンテンツを含めると2万円くらいになってしまう。

2万円あればSteamでゲームの名作が何本買えるのか?
とは言うもののそもそも比べる次元が違うのかもしれない。

それに好みの異性を作っていちゃいちゃしたりもっと親密になるのはSecondlifeでサブアカを使えばプレイできるしなあとも思った。

でもいろいろエロゲーの世界を探索冒険して面白かったし楽しかった正月ではある。