セカンドライフで閉じこもる楽しさ

人間関係が苦手である。
人付き合いは苦手だ。
せいぜい1対1の付き合いまでだ。
楽しく感じるのは。

セカンドライフではずっと閉じこもっている。
大抵は閉じこもっている。
だけどチャンネルはいつも開けている。

セカンドライフにインしても、カフェに行くこともイベントに行くこともない。
掘り出し物の土地を探したり本部や基地の施設を修正していれば時間は過ぎる。
あとは乗り物に乗って海か空か道路に冒険に出ている。

基本的に閉じこもっていることに気づく。
だけどそれで楽しいし満足なので特に問題でもない。
逆に言えば閉じこもっていても面白いのがセカンドライフと言える。

昨夜だってブログを読んだ人が訪れてくれた。
初対面の人との会話はワクワクする。
知らないことに触れるのはワクワクする。
今夜もまた出会いがあるかもしれないと思うとワクワクする。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク