SL小説「復活してTPとFLYやめたらSLまたハマたw」005:

初心者カフェに乗り物で乗りつけるとしたら何に乗る?
まっさきに思い浮かんだのがクルマでした。

まずはクルマを買いました。
クルマを買ったので道路を走りました。

道路を走っていると橋が崩壊していて渡ることができません?
なぜ?なにゆえに、橋が壊れている?

仕方ないのでクルマについてるフライ機能を使って橋を渡ります。
なんだか納得がいきませんが……

クルマを買って自分のものにしてみるとこれがなかなかいい!
所有感を満足させてくれるし、クルマ自体がなかなか良くできている。

リアルにクルマを所有して運転している気にさせてくれる。
しかもショップが半額セールをやっていたので、大人買いしてしまった……

その中にはバスもあり、バスを買ったもんだから、こりゃ運転してみよう!ってことで、バスを出してそれに乗って、人が多く集う大和広場に向かってみた。

この大和広場にはいつも日本人がいっぱいで、時には海外からも人がやって来る人気スポットだ。

さらにリンデン公道がちょうどこの近くを通るのだ!
私はぎこちなくバスを運転しながらリンデン公道を大和広場へと向かう。

あえて広場近くでバスをUターンさせ、しかも冗談で、バスのドアを開けて数秒間待ってみる。もちろん誰も乗らない。

しかし、走り出してしばらくすると、二人の外国人と思われる女性が乗り込んできた。車内では特に会話もないのだが、ただひたすら私はバスを走らせる。超のろのろである。

しかし、SIMとSIMの間で、バスは大破してしまった。
私とお客の二人は公道に投げ出された。

私は、乗車ありがとうございます。また次回の搭乗を楽しみしています。
それでは!と去ろうとしたのですが、そのお客二人が同時に「ノー!」叫んだので、立ち去れなくなってしまいました。

ちょうどそこに別のバスが通りがかり、じゃああのバスに一緒に乗りましょうと誘って、そのお客二人は通りがかりのバスに飛び乗り、さあ私も乗ろう!としたのですが、足が動かない。足が大地に張り付いてビクともしない。

SIMとSIMを渡った時の不具合で身動きのできなくなっていた私はただただバスを見送ったのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク